たくさんの参加ありがとうございます!

ほぼほぼ満員状態で大いに盛り上がった「第二回ガチぬりえワークショップ」

常連さんになりつつある人、今回初参加の人とみんなで塗り絵を楽しめたかと思います。

大人もチビっ子もみんなでわいわいと塗り絵に夢中。

今回も事前に自分のほうで見本としてある程度塗ったものを準備しました。(写真左下)

個人装備もすごかった!

今回面白かったのは、手ぶらで参加できるというフレコミの当企画ですが、重装備で挑んでくれた人たちもいたこと。

毎回参加してくれてるチビっ子組がいつも持参してくるのが48色の色鉛筆。

ぼくが子どものころ、こういう大量の色数の色鉛筆を持ってる人が羨ましくてたまらなかった記憶があります。

ですが、今回はさらにそれを超える豪華設備が!

初参加のファミリーさんが持参した装備。

何色あるんでしょう?

ベースカラーがあって、それぞれ明度が分かれて5色ずつ?

100色軽く超える色数と、この要塞のようなケース。

すげーーーーっ!ってなりましたよ!

人が増えると止まらないトークな空間

特にぼくが個人的に、この塗り絵企画で好きな部分は、参加した人たちがみんなで和気藹々とした雰囲気に包まれること。

さっきまで他人だった人たちも、塗り絵を通じて話に花がさく。

話している内容は塗り絵にとどまらず、他愛も無い世間話だったりもするが、そういった会話をみんなで楽しみながら気軽に作業できるのも、この塗り絵というものの可能性を感じる部分でもあったりします。

参加してくれたファミリーも、この話題を家に持ち帰って、さらに盛り上がってくれたらいいなと思います。

十人十色、そろぞれの個性が魅力

大人の数だけで10名と二桁人数に参加いただいた「第二回ガチぬりえワークショップ」ですが、やはり人数が増えるとそれに比例して個性的な彩色が見られるのが魅力的。

まさに十人十色

今回課題としたのは図案・原画はこちら。

題名「猫かぶり」

この図案は大きく「顔」「髪」「猫」「パーカー」「紋様」と塗りの種類を分けて考えれると思います。

どこをテーマにするか・・・

そんな所から、それぞれの個性が見られるデザインなんじゃないかと思って選びました。

開始早々、個性の塊、芸術はバクハツだ!状態でガンガン攻めの姿勢を見れたり。

ガチな塗り絵にビビリながら塗り始めるメンバーもいたりと、進め方も色々。

こういうところで、参加者の意外な一面を見られるのもこの企画の面白いところ。

前日までに準備していた、ぼくが途中まで塗ったものを参考に、みんなマネしてチャレンジしてくれました。

「焦ったら負け」というフレーズで、みんな地道に塗り進める。

全部塗り切るんじゃなく、どこかにテーマをみつけて、そこを集中的に塗りましょう。というコンセプトに必死で取り組む人たち。

自分で進めてたものと比較してくれたり。

さすがにこちらの夫婦は、ノアの箱舟のような鉛筆セットを持参しただけに、なかなかスジがいい!

是非是非これからも塗り絵を楽しんで、続けて、塗り終えた色々な作品を見せてほしいと思いました。

最後まで居れなかったけど、前回に引き続き今回もクロネコにチャレンジしてくれました。

どんどん上手になります!またクロネコにチャレンジしてください(笑)

そして、笑った猫の顔に目玉を付け加えるというナナメ上な発想も。

さらに女子のマツゲが松本零士大先生も真っ青になるんじゃないかと思うほどのメーテル状態。

原画アレンジというのも面白い!

しかし、肌の陰影や、髪のツヤなど前の参加時と比べて大きく成長。

素敵です。

チビっ子たちからリクエストいただいたカエルも、みんな必死に塗ってくれました。

次回のリクエストも出されました。了解ですよ~(笑)

後半はちょっとチビっ子たちは集中力が続かなかったかな?

飽きちゃうよね~(笑)

自分たちの似顔絵を描いてくれとせがまれ、一人5分ほどでささっと描いてみたり。

その後、みんなでドラえもんを描いたりと、そんな対応があっても楽しいかなと思いました。

今まで参加してきた絵を並べてくれたムラサキちゃん。

ムラサキが好きと豪語するだけあって、作品に統一感があります。

この路線でずっと塗り続けても面白いかと思いました。

左がぼくが見本として塗り進めてたものと、参加者の作品を並べて。

みんなの成長がわかります。

いつか追い抜かれるかもしれません。

今回も三時間はあっという間!

このワークショップは3時間という限られた時間の中で、何かを見つけてもらえればというコンセプトで行っております。

しかし、アートというものにはゴールはなく、そして夢中になると時間を忘れてしまいます。

3時間という時間もあっという間でした。

最後まで残ってたメンバーで記念撮影。

また次回も企画しますので、またのご参加をお待ちしております。

場所を提供してくださった居酒屋朱蔵さんありがとうございます。

恒例になりつつありますが、ワークショップ終了後は都合のつくメンバーが居残って宴会へ~(笑)

毎回無理をきいてくれる居酒屋朱蔵さんでの楽しいひと時のはじまりです。

いつもありがとうございます。

そして朱蔵さんは、とにかく安くて旨い!

みんなでそんな料理とお酒を楽しみながら、今回のワークショップについて盛り上がりました。

そんな朱蔵さんを、このワークショップともども宜しくお願いします。

朱蔵

住  所:北海道札幌市北区 北24条西4-4-20 石原ビル 1F
営業時間:【月曜〜木曜】17:00~24:30(L.O.30分前)
【金曜、祝前日】17:00〜03:00(L.O.1時間前)
【土曜】17:00〜05:00(L.O.05:00)
【日曜、祝日】17:00〜23:30(L.O.30分前)

ガチ塗り絵ワークショップについて

ガチ塗り絵ワークショップ記事一覧

そして参加してくださった皆様、当企画を長く継続するためにシェア・拡散のほど宜しくお願い致します。