サイトを勘違いで消してしまい新たに構築しなおしたので、大事だと思う記事は思い出しながら「回想」という形で思い出しながら書き直していこうと思います。

長い間考えていた塗り絵企画

ずっとやってみたい!と思ってた塗り絵のワークショップ。

実験的にやってみようと思い、プレ的な意味合いで「第ゼロ会」と詠って2018/4/28に開催してみました。

ゴールデンウィークの初日という忙しいであろう日でしたが、思った以上に人が集まってくれて、大いに盛り上がりました。

条件は参加者みんな一緒

今回準備した課題は女性と猫をモチーフにした図案

こちらを参加者全員が同じ色鉛筆と色数で塗り絵にチャレンジ!

色鉛筆の使い方、塗り方などは教えますというスタンスのワークショップである。

ゴールデンウィーク初日にも関わらず集まってくれた人たち

連休初日という忙しい時期の合間を、都合合わせて参加してくれた方々には感謝!

ネット等で当ワークショップをみつけて参加してくれた身内以外の人もいました。ありがとうございます。

お子様たちも参加!

子どもたちはいいね!すぐに友達になって仲良くなっちゃう!

そう、このワークショップのコンセプトは老若男女、子どもからお年寄りまで誰もが楽しめる!という塗り絵。

ちびっ子たちも楽しい!と思ってくれたのがゼロ回の収穫でした。

みんな黙々と集中!

ある程度想像してたことではあるが、みんな塗り絵に夢中になってくれました!

それぞれがそれぞれの感性で彩色していく。

上手い下手じゃないんです。アートを楽しむという心が大切。

普段は格闘技を専門にしてる方たちも、塗り絵にチャレンジするというちょっと異質な空間も(笑)

今回はあの伝説の団体UWFインターナショナルに所属していた元プロレスラー・総合格闘家の山本喧一氏も参加してくれました。

こういったジャンル違いな方々も、一緒にアートを楽しめる環境を作ってみたかったのです。

場所を提供してくれた居酒屋 朱蔵の店長も塗り絵に夢中。

みんな思った以上に上手に塗っていきます。

ちびっ子も自分の進捗を逐一報告しにきてくれます!

時として、子ども達の予想外のセオリー無視な彩色、色彩感覚はとても参考になります。

同じ課題でもみんな違った色を見せてくれるのが素敵

塗り始める場所、色、進み具合、それぞれの個性が出て非常に楽しい。

へぇ~、この人がそんな繊細な柔らかい感じで塗っていくんぁ~!なんてシーンや

おぉ~!グイグイいくね~!っていう塗り方など、予想と違った結果も出たり(笑)

この日、ジムの指導のために途中までしか居れなかった山本氏も、格闘家という感じではなく、やわらかい優しいいろ使いと塗り方も見せてくれた。

ありがとうございます。

3時間という時間があっという間!

みなさん集中して塗ってくれたおかげで、結構な進み具合でした。

同じ原画・図案を使っても違う作品が生まれるところが面白い。

アートって素晴らしいですね!

今回ぼくがみんなと一緒に進めてた塗り絵はこちら。

少々作業に没頭してしまって、個人個人に塗り方のレクチャーなりができてなかったと反省。

次回以降はもっと「先生」になってみようと思いました。

最後に写真に写ってもいいよ!という方たちで記念撮影。

なかなか好評だった「第ゼロ回ガチぬりえワークショップ」だったので、1回、2回と継続していきたいなと思いました。

そして、この記事を読んで、楽しそうだなぁ~と思った方は、これから開催されるガチぬりえワークショップに是非参加ください。

↓ガチぬりえワークショップについてはこちら