色々なデザインを請け負っていると、時に思った通りの写真が無い場合がある。

とくに飲食店あたりは、素材写真を使ったりすると、その店の食材じゃなくなるのが、個人的には納得がいかない。

じゃあどうすれば・・・自分で撮っちゃおう!

趣味でカメラをやっていました

お店の雰囲気を伝える目的と、宴会コースの価格、主力メニューの価格が、通りから一目でわかるようにと依頼されて作った店頭看板である。

こういったデザインをするにあたって、お店で提供される料理のイメージを伝えるには、料理そのものを素材として配置し、アピールするのが一番効果的な方法ではないかと思っています。

しかし、なかなか頭の中にあるデザインを映えさせるような写真というものは存在しない。

それも、その店での料理となると皆無になってしまう。

全国的に展開しているような大型チェーン店などになると、組織化された運営の中で、こういったものを作ろうとした場合は、フードコーディネーターなんかをつけて、カメラマンが料理の写真をとるのであろう。

それをデザイナーに支給するという流れ。しかし、ぼくがいつもお世話になる場所は、個人経営のお店が多いのだ。

そんなお店たちが、フードコーディネーター、カメラマンを雇って大掛かりな撮影などできるはずもない。

じゃあ、趣味でカメラやってるんだから、自分で撮っちゃおう!

好きなアングルでデザインに映えるように

そう思ったら、撮影兼ねて宴会しちゃおう!ってなもんです。

宴会の席にレフなどを持ち込んで、なんだか仰々しい雰囲気でワイワイやるのだ

こういった時にデザイナー仲間たちとの親睦を深めるのも、またそれはそれで楽しいものだ。

友達たちとお酒を飲みながら、たくさんのメニューを食べながら撮影タイム!

自分も仕事として使える写真が撮れる。

お店も宴会入って潤う。

出来上がったらデザイン料をいただく。

そのお金でまた宴会する。

エンドレスなWINWINの関係だ(笑)

一応、鉛筆ラフみたいな、大雑把なサムネイルは描いておいて、そこに何が入るか、どんなアングルがいいかを考えて撮影。

宴会時には色々アイデアやデザインを相談できる仲間がいるのもいい。

まあ、写真のクオリティについては素人だ・・・

だが、お店にあるメニューを伝えるには十分な写真が撮れたと感じるのです。

さらに、お店からメニューのウリをきいて、コピーライター気取りでコピーを書いて入れてみたり。

写真に合わせてデザインを起こすのではなく、あらかじめイメージしているデザイン合わせて、デザイナーが写真を撮るのだ。

一見、デザイナーが写真を撮るということについて、カメラマンを舐めているような風に思えるが、裏を返せばこんな利にかなった流れは他にないんじゃないかな?と思うのです。

カメラマンが写真が主役になるように撮ったものをデザイナーに託して、写真に合わせてデザインするという流れじゃなく、コンセプトを反映させたデザインがあって、そのデザインに見合った写真を撮るのだ。

便利屋にならないように・・・

ただこういった方法で制作物を進めていると、何かと勘違いされることが多々あります。

ぼくは、そもそも一介の絵描きだったわけで・・・

そんな自分の描くイラストを、意図しないデザインの中に織り込まれるは忍びない・・・という思いから、デザインも一緒に請け負うようになり。

そんな流れがあったりもします。

デザインとイラストは、切っても切り離せないような・・・

しかし、イラストとデザインを一緒くたにされ、それぞれの価値が薄くなるのは、自分としては不本意である。

イラストにはイラストの

デザインにはデザインの

それぞれの価値に対して、それぞれの対価があっていいと思うのだ。

イラストとデザインを分けて制作するのではなく、繋げて対応するのは、よりステキなビジュアルを作り上げるための手段でしかない。

写真に関しても同じことが言えよう。

「あいつに頼めば一連のことを全部ひとまとめで安くやってくれる」

という展開にはなってほしくないのである。

たまたまカメラを所有していて、たまたま趣味で勉強していた写真に過ぎない。

それを、写真のクオリティなどは二の次で、安くやってくれるという発想の元に、こういった流れを求めるのは業界的にもよくないことだと感じてしまうのです。

みんながみんな、こういった方法で仕事を進めるようになったら、あまり感心できる状況ではないのかもしれない。

そして、自分達が器用にこなした結果、ただの便利屋に成り下がるのも不本意な結果でしょう。

しかし楽しみながら、よりよいビジュアルを目指している

ただ一つだけ言えることは、デザインというものは決まった形、セオリーは無いものなんじゃないかと。

十分にスペースを楽しんで表現すること。

それが一番大切なことなのかなと。

チラシなのかPOPなのか・・・

上記したような形で、撮影も兼ねた仕事は何件も受けたことがあります。

しかし、忘れてはいけないのが、全てが中途半端になって、中途半端なビジュアルができてしまうことが無いようにしたい。

いただいた要望に対して、自分の技術で足りる内容なのか・・・

もし、それが本当のプロの手で行ったほうがいい場合は、予算と相談しながらプロに依頼したほうがいいだろう。

そういったあらゆる状況に応じて対応し、紙面が出来上がる過程を楽しんで、依頼主にとって最高の制作物が届くように、作り手としても楽しみながらデザインを起こしていきたいなと思う。

お!なんだこれ!?気になるよね!と思わせたい

まあ、色々と語ってみましたが、飲食店で必要とされるデザインについて、パっと見でそう思ってもらえるようなデザインがマストな条件でしょう。

色々と制作過程はあるのかもしれないが、ちょっと色々かじってるからといって、ソコから逸脱しないように気をつけたいとも思う。

 

しかし、こういったことを自分の手で何でもやってみたくなるんですよね(笑)

何かしら「絵」を作ることが好きなんです。

色々な考えもあるが、上手にバランスをとりながら、よりステキな紙面構成を演出できるように、日々精神して行こうと思います。