アウトレイジ話題を前記事に引き続き。

映画の好みって個人によって色々と異なりますよね。

ぼくは、ほとんど邦画は一部のマニアックな作品を覗いて、意識的に見ることはあまりないのですが、北野映画だけは見ちゃうんですよね。

どうして北野映画に魅力を感じるのか?

北野映画のキャストが好き

個人的に、配役・出演陣が好きなんです。

北野映画といえば寺島進さん、大杉漣さんなど常連がいますよね~

そんな常連達と作り上げる世界感が好きだったりします。

ソラチネの、極道社会の描写なのに、なんとなくファミリー的な雰囲気も感じるところだったり、そういった部分が妙にハマるんです。

Brotherでも見せる海外のアウトロー達との間で、人間関係が形成されていく世界観なんて傑作だと思っています。

ソナチネ [DVD]

新品価格
¥3,694から
(2017/4/20 11:16時点)

BROTHER [DVD]

新品価格
¥3,694から
(2017/4/20 11:11時点)

アウトレイジでは・・・

でも、アウトレイジはそんな常連じゃなく、

えーーーっ!?

っていうキャストが目白押しなのも魅力なんです。

1作目では加瀬亮さんや、椎名桔平さんなど魅力ある俳優たちが出ていましたが、個人的に椎名桔平さんの演技が他作品から好きなので、アウトレイジでもその魅力に引き込まれました。

椎名桔平さんを鉛筆画で描いてみた

よくこんなイヤ~な感じを演じれるな~と思ったものです。

そんな椎名桔平さんを描いてみたことがありました。

まぁ~ところどころに、反社会的組織の一員としての態度や仕草。

こういう人が周りにいたら、知り合いだったらイヤだなぁ~って雰囲気を熱演してくれています。

警察署の前でタバコを吸うシーンだったり、人を屁とも思って無い感じでバカにしたような笑み。

サイコーです。

そういったシーンを見ていたら、絵描きとしてはなんだか描きたくなってしまうというもの。

なかなか上手く描けてきたなーと思ったけれども、劇中の衣裳はストライプのスーツ。

極道です(笑)

このスーツを上手く表現できないと、この絵は完成しない気がしたのです。

そこで・・・

素材感まで書き込んだスーツ部分をケシゴムを使ってストライプを入れていきます。

緊張の瞬間です。

失敗しちゃうと、今までの努力が水の泡・・・

おそらくトータルで10時間近く椎名桔平さんと向き合っていました。

それをこのストライプ柄で終わらせたくはない!

その結果がこちらの絵になるわけです。

いかがでしょうか?

そして、もう一つこちらの鉛筆画を描いてるときにこだわったのが拳銃。

フォーカスがきいていて、ピンボケしてるんですね。

拳銃を握った手と拳銃のボケ具合と、肌やスーツと違う金属的な質感。

そこを上手く描けないかなぁ~と四苦八苦しました。

いかがなものでしょうかね?

分かりますかね~、そんなキモチでぼくのこだわり(笑)

そこをちょっとでも感じてもらえると幸せです。

これから石橋蓮司さんがヒドイことになっちゃうのね・・・

そんな絵が完成したワケです。

たけしさんと並んだらいかがでしょう?

個人的に、今まで描き上げた鉛筆画の中では、上位に入るお気に入りです。

アウトレイジ最終章の発表されたキャストか興味深い

今回発表された最終章のキャストが非常に興味深く思ってる。

北野映画の常連の大杉漣さんが登場するほか、大森南朋さんも出演するらしい。

ピエール瀧さんあたりは極道を演じた雰囲気想像できるけど、大森南朋さんがその筋の極悪人になる絵って想像できないなぁ~

その他、楽しみな俳優陣が揃っているので、今回も非常に楽しみなのである。

10/7まで待ち遠しい・・・

きっと面白い作品になっているに違いない。

そして、コレを見る前にもう一度アウトレイジな絵を描いてみようかな・・・なんて思ったり・・・

さらに、見終わったあとはまたアウトレイジな絵を描きたいな・・・

 

鉛筆画描くときは、ぼくの場合自分のキモチも盛り上げていかないと、10時間以上とか集中しきれないので、映画をモチベーション上げる材料として利用し、新しい絵にチャレンジしたいと思います。

アウトレイジ [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2017/4/19 10:28時点)

アウトレイジ ビヨンド [DVD]

新品価格
¥3,609から
(2017/4/19 10:29時点)

復習してから最終章に備えよう!

公開までに前作2本を改めて見てから、最終章をみるための復習をして備えて置こうと思っています!

そして当ブログも、アウトレイジについて前記事も読んでみてください。

アウトレイジ最終章が楽しみすぎる。【鉛筆画】北野映画ファンが描くアウトレイジ。その1